大人にならない(Nitouhei's Game Music blog)
海外のゲーム音楽アレンジ曲やアルバムの紹介、それに伴うリンク集です。
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


<
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲーム < ゲーム音楽
2008/07/07(月) 23:59 etc Others(その他メーカー)
バカゲー Paperboy
今日の一曲。
一部のコアなファンには馴染みのタイトルですね。
Diseased Project
VG Arrangementsより
Paperboy Gone Postal

ペーパーボーイのメイン曲のアレンジ
何故かデス声が入ってますw
しかし何気にかっこよいメタルアレンジですよ。
静と動が相反する、面白い構成になっています。




☆ペーパーボーイ☆

あまり馴染みの無い方もいらっしゃるでしょうが、
実は海外でも超メジャーなタイトルでして。
まぁ、元は洋ゲーですから。
Atari社が開発、販売を手がけ、移植されたハードは
Wikipediaを見る限り27機種にものぼる。
ファミコンも含め、日本でも御なじみのハードもちらほら。

トンでるゲーム性についても、ちょっとだけ説明しましょう。

自身が新聞配達員になって、
自転車で契約を結んでいる客のポストに、新聞を投げつけるゲーム
因みにその新聞は殺傷能力があり、
障害物や敵意むき出しの人間を倒したり、
はたまた窓ガラスを割ったりも出来ます。
しかし契約していない家の窓は、割るとポイントですが、
顧客の窓を割ると、契約解除になるので注意。

詳しくは、動画でも見て確認して下さい。



障害物に当たり、自転車から降りたらアウトと言う厳しい条件。
なかなか難しそうです。
確か『悪趣味ゲーム紀行』か『バカゲー専科』あたりで紹介されてたっけ。
『謎のゲーム魔境』だったかも。ちょっと失念。

ゾルゲ市蔵氏かがっぷ獅子丸氏に興味のある方、
クソゲーやバカゲーに興味のある方は
amazonあたりで本を買うことをお勧めします。
面白いから、マジで。

コメント:0 トラックバック:0

Darangen氏復活してた DSでもクロノ
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。