FC2ブログ
大人にならない(Nitouhei's Game Music blog)
海外のゲーム音楽アレンジ曲やアルバムの紹介、それに伴うリンク集です。
2019/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2019/12


音楽 < ゲームミュージック
2006/02/21(火) 23:59 Legend of Zelda(ゼルダの伝説)
牧野は元スーパーモンキーズですよ。
今日の一曲。
OCRでいつも活躍されている
Darangen氏による、歌入りアレンジ。
Falling Back

時のオカリナでも人気のゲルドの谷を歌い上げています。
リリックはこちら参照。

Darangen氏本人も、あまり胸を張って歌っている感じはしないものの、
曲自体がしっかりしているので今回紹介させてもらった。
ちょっと歌の音量が、曲に勝ってしまっているのが気になる。
もう少しメロディの音量を上げたほうが良かったのでは。
と、若干批評めいたことを書いてはいるものの、
歌モノが好きな私としては、紹介せずにはおれなかったりw

☆余談☆
時のオカリナ…と言えば、昔連れからnintendo64本体を借りてまで
プレイしたにもかかわらず、ガノン(最後のボス)に倒されてクリアしていない状態で返してしまっていた。

そんな矢先に、ゲームキューブのゼルダの伝説~風のタクト~の予約特典に『時のオカリナ(表&裏)』のCDが付いてくる!って言うから、
ゲームキューブを持っていないにもかかわらず、ソッコー予約。
そして本体と風のタクトを同時に手に入れ、必死にプレイ。


…もちろん必死にプレイしたのは風のタクトであって、
時オカをセットすることは、風タクをクリアするまで無かった。

クリア後、思い出したかのように時オカをプレイしてみたのだが、
やはり一度クリアした道をもう一度トレースするエネルギーは、
三十路手前(当時)の私には無く、未だ未クリアのまま、部屋で誇りをかぶっている。

昔は一度クリアしたRPGだって、何度もプレイ出来たものだが、
歳をとってしまうとそうはいかないんだろうか。
ちょっと寂しい話だ。
風タクだって、一度クリアしてからは、一度もプレイしていないものな。

何度もふっかつのじゅもんを間違えつつも繰り返しプレイしたあの頃が懐かしい。
Come back 牧野アンナ!

コメント:0 トラックバック:0

俺の挑戦状 タイ枚はたく
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する