大人にならない(Nitouhei's Game Music blog)
海外のゲーム音楽アレンジ曲やアルバムの紹介、それに伴うリンク集です。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


<
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽 < ゲームミュージック
2006/10/01(日) 23:59 Legend of Zelda(ゼルダの伝説)
重い衝撃
今日の一曲。
ロンロン牧場でもおなじみの曲です。
OLRina of Time
OBTAIN YOUR SONGS...より
Sweet Horse

remixerはTxai氏。
時のオカリナ(Ocarina of Time)のエポナの曲。
原曲も、こんな感じに穏やかな曲調なのですが、
それをもういっそうしっとりとさせています。
演奏時間1分と、短い間ですが、しっかりと聴かせる丁寧な作りです。




☆馬がらみ☆
さっきNHKで中継されていた、フランスはロンシャンで開催された
凱旋門賞を観ていました。
最近競馬から少し離れていたのですが、
さすがにこれだけの名馬が、凱旋門に挑むとなれば、
見逃すわけにはいくまいて。

注目のディープインパクトは1.1倍と言うとんでもないオッズ。
海外の挑戦馬に人気一本被り。それだけで何かひと波乱ありそうな、
暗雲が垂れ込めている感じになったのだが、
結果はご存知の通り、三着に終わってしまいました。



前日のブックメーカーは冷静に予想されていたなと感心する。

レースを観ていたところ、特に大きな不利はなさそうだったし、
ジョッキーの武豊も上手に乗れていた様に思う。
最後の直線も暫く持ったままで、追い出しもスムーズに見えた。
テレビから見ていたら、横綱競馬になるように見えたが、
最後の直線の末脚はもっさり。ん~?

理由は、3歳馬との斤量の差か、
日本との芝の深さなのか、それとも他の何かなのか…
強さだけなら、あのレースはディープが一番強そうだったが、
結局は展開のあやなんでしょうかねぇ。

しかしエルコンドルパサーが二着した1999年の凱旋門賞。
このときは私も競馬(馬券)は嗜む程度だがやってました。



この時とは比べ物にならないほどの注目を浴びた今回。
それは、サンデーサイレンスのラストクロップだからか、
日本産駒で無敗の牡馬三冠の海外挑戦だからか、
何より、懸命なJRAのピーアールのせいか。


馬券の売り上げさがって、JRAも大変なんでしょう。

JRA 必 死 だ な w

が正解かなw



しかし勝って当然の雰囲気が日本のファンにはあったわけで、
負けていっそうの重い衝撃(ディープインパクト)の残してしまうとは、
残念であると同時に、凄い馬に出会っている事に気づく。
エルコンドルパサーの時は、二着した事を凄いなぁ…と思ったものな。
これからのディープが、国内外でどういった足跡を残すのか、
楽しみで仕方ない。

コメント:0 トラックバック:0

萌えてデザイア 英語がわからない…
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。