FC2ブログ
大人にならない(Nitouhei's Game Music blog)
海外のゲーム音楽アレンジ曲やアルバムの紹介、それに伴うリンク集です。
2019/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2019/05


<
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音楽 < ゲームミュージック
2006/09/26(火) 23:59 etc KONAMI(コナミ)
硬派な格ゲーには見えない
今日の一曲。
最近DoDなどではあまり見かけませんが、
実はちょくちょく新曲を出しています。
CarboHydroM
MUSICより
Aquatic Chase

Rock'n Twinbee Albumと称した一人プロジェクト。
今回はPop'n ツインビーより『海底のお散歩』をremix。
相変わらずのロックチューン。
00:40からふと転調がアクセントではあるが、
やはりCarboHydroM節は健在。
いつもどおりoggなので、各自曲を再生出来るアプリケーションを
ご用意いただいた上でお楽しみください。




☆余談☆
昔は私も格闘ゲームを良くやったものです。
勿論有名どころのストⅡやKOFは当然それなりにはプレイしてましたが、
むしろ必死にやっていたのは、メジャーなカプコンやSNKのそれと、
少し路線の外れたものを親友と一緒にやりこんでました。



お種とお梅が有名すぎる格ゲー。
その名は豪血寺一族。
キャラはイロモノが揃ってますが、中身は結構まともだったり。
私はもっぱら生臭坊主使ってました。
煉獄霊波→呪縛札のコンビネーションはデフォ。

イロモノに拍車をかけたのが続編のオープニング。



魔法少女クララの声を当てているのは、
当時超有名アニメだったセーラームーン、月野うさぎの中の人、
三石琴乃さん。
もっと仕事選べよ…と思ったナァ。

それからは残念ながら豪血寺一族に触れる事は無かったんですが、
特化ブログさんの記事を見て微妙に豪血寺一族ネタ再燃。

何かPS2でも坊主は相変わらず頑張っているみたいだし。



頑張るベクトルは相変わらず間違っているようだが、
それが豪血寺一族クオリティ。

どこかレゲーとして、初代か二代目豪血寺を置いているところ無いかなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

国内最強ファミコンバンドの人たち 1up!
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。