大人にならない(Nitouhei's Game Music blog)
海外のゲーム音楽アレンジ曲やアルバムの紹介、それに伴うリンク集です。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


<
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲーム < ゲーム音楽
2009/06/07(日) 23:59 未分類(その他もろもろ)
コミックコミュニケーション行ってきた
ComicCommunicationに行ってきました。
個人的にお世話になっている
Magical Trick SocietyのGunzyさんと、お話してまいりました。




☆追記☆

閉場が15時だというのに、
私事がありまして、会場に足を運べたのが14時と、
既に会場も落ち着きムード。
おかげで、Gunzyさんともお話が出来たのですが。

私がMagical Trick Society(以下MTS) と出会ったのは、
恐らくゼルダのアレンジ"トライフォーストリロジー"かな。
それ以来、東京在住の連れに、
コミケやM3で新作発表される度に、
MTS新作を私の元へ発送してもらっておりました。

既に12種類のゲーム音楽アレンジアルバムを発表されておりますが、
実は、第一作のF-ZEROアレンジの次回作を、
レトロゲームか、東方のどちらかにするかで、
方向性の議論があったそうです。
もし、東方を選択されていたら、
今頃私は、MTSの活躍を知ることはなかったかもしれません。
そもそもGunzyさんが、東方未プレイだそうですがw

次回作は、コミケ(当選すれば)で発表される予定だそうです。
何でも、某人気タイトルを、民俗音楽っぽくするとか何とか。
ネタバレになるので、詳しく申せませんが、
個人的にケルト好きな私としては、期待せざるを得ません。

これからもMTSの活躍に注目ですぞ。


1st Albumより



デビュー作にて、このクオリティ。
後のアルバム完成度も、推して知るべし。

しかし、この動画アップした人、
今年のM3春でCD買った人みたいですねw

コメント:0 トラックバック:0

ダイナマイトバットマンすげー Machinae Supremacy
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。